えほんだから子どもでもわかりやすい

防災の啓発ツール

寄付のことがわかる本

いつどこで起こるかわからないから、
子どもも大人も知ってほしい


身動きもできないほどの大地震では、子どもをかばうことすらできないこともあります。小さな子どもであっても自分の命は自分で守ることを日頃から教え、訓練しておくことが大切です。
ぼうさいえほんは、地震が起きたときんとるべき行動について、動物のキャラクターが教えてくれる幼児向けの絵本です。文字を読むことが苦手な知的障がいや発達障がいのある方にも有効との報告をいただいています。

一人ひとりが備え、みんなで助け合う
地震の備えを共有する手段として


大地震がおきたときに、少しでも被害を減らすためには、「一人ひとりの日ごろの備え(自助)」と「地域での助け合い(共助)」が欠かせません。この絵本の内容を子どもたちと共有し、ある日、突然やってくる地震から身を守ってください。

また多くの人に見てもらえるように、絵本のデータを無料でダウンロードできるようにしています。インターネット上で自由にシェア、またプリントなど行ってご活用いただけますと幸いです。

※このページの作品は、クリエイティブ・コモンズ 表示 – 非営利 – 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。
※二次利用、個人的用途以外での印刷の際はご相談ください。

image.png image.png image.png image.png

「紙」だから関心のなかった
人にも届けることができる。


デジタル社会となり、興味のあることは次から次へと情報を手に入れることができる現代社会ですが、今興味関心がない人に届けるには「紙媒体」の持つパワーは強力です。
目的や対象に合わせて、紙とデータを組み合わせて使用していただくことで、より効果的に取り組んでいただけます。

絵本は1冊から下記の販売サイトよりご購入いただけます。また一定数以上のご購入をご検討されている方、啓発ツールの活用法などのご相談をご希望の方は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

cocollaboソーシャルえほんのシリーズ

えほん・ポスターの名入れやカスタマイズご活用法等のご相談も承ります。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら