「JO」第40号発行しました。

 長かったジメジメとして季節も終わり、甲子園の代表校も次々に決定し、いよいよ夏本番!なこの頃、皆さまには益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
 しつこい新型コロナウイルスが再び勢力拡大させているようですので、体調管理に気をつけながら、夏を満喫したいものです。
 今回の巻頭対談は、本業は料理研究家、PTA で大活躍した後、横浜市教育委員を務められた長島由佳さんと、教育談義に花を咲かせました。長島さんとの出会いは横浜市のキャリア教育支援協議会。横浜の子どもたちに多様な学びの機会を提供するために、大人による本気の議論をしてきた仲間として、今回も本気で意見をぶつけ合いました。
 コラムは拙筆の『益者三樂損者三樂』。器のことを書こうと思っていましたが、つい力が入って安倍元総理銃撃事件のボリュームが多めに。『あなたの知らないふぉんとのはなし』は惜しまれながらの最終回。フォントの世界の魅力について紹介しています。
 KyoshinTODAY はcocollabo ソーシャルえほんシリーズから「認知症えほん」のお知らせ。紙製クリアファイルの新しいラインナップもご紹介しています。
 9 月16 日にはありがトゥナイト開催予定です。告知記事を掲載しましたので、皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。


令和4 年7 月         
株式会社協進印刷      
代表取締役社長 江 森 克 治

JO40号
WEB magazine
※ JOはバックナンバーも含めHPでご覧いただけます。
第5号には「JO」のタイトルの由来も掲載しておりますのでご興味ある方はどうぞアクセスを!
「紙で読みたい!」という方はお気軽にお問い合わせください。

裏面ギャラリーは、葛木そなさんの作品です。

NO IMAGE

脱プラスチックで海をきれいに!紙製クリアファイルであなたもSDGsをはじめよう!

プラスチックごみによる海洋汚染は世界中で深刻な問題と化しています。
2015年の調査では、世界中の海には1億5,000万トンものプラスチックゴミが存在しており、さらに少なくとも年間800万トンが新たに流出していると推定されています。
世界中がこの問題を深刻に捉えており、プラスチックに対する規制を求める議論も進んでいる一方、多くの企業でも脱プラに向けた取り組みは進んでおり、リサイクルペットボトルを使用する飲料メーカーや、ストローを紙製にする飲食店などは馴染み深いでしょう。
そして私たち一人ひとりも、身近なプラスチック製品を代替品に変えることで脱プラに貢献できます。たとえば毎日使っているそのクリアファイルも。

CTR IMG