感染予防のために、できること

普通の暮らしは尊くて脆いなあ、と感じずにはいられない今日この頃、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

感染予防のために、できること』をまとめた絵本のご紹介です。すでにweb版は配信されていますが、ご縁あって印刷製本協力として、私も関わっております。よく寝る、よく食べる、運動する、など、遠い記憶のおばあちゃんに諭されたような当たり前のことが、結局は感染予防に繋がっている。そんな日常の心がけを可愛いイラストとともに楽しく読める絵本です。数量に限りはありますが、無料でお配りしていますので、ご覧になりたい方やご活用なさりたい方は、以下、竹見メールまでご連絡ください。

曖昧な情報に流されず、見えないものへの不安から、一人でも多くの方が逃れられますように。

takemi@cocollabo.jp

感染予防のために、できること

監修:

渋谷 健司(キングス・カレッジ・ロンドン)

林 淑朗(亀田総合病院)

堀 成美(国立国際医療研究センター)

久住 英二(ナビスタクリニック)

デザイン・イラスト:徳間 貴志(株式会社ボウルグラフィックス)

印刷・製本:竹見 正一(株式会社協進印刷)

WEB:吉木 裕介(株式会社コラソン)

ソーシャル・マーケティングの最新記事8件

NO IMAGE

脱プラスチックで海をきれいに!紙製クリアファイルであなたもSDGsをはじめよう!

プラスチックごみによる海洋汚染は世界中で深刻な問題と化しています。
2015年の調査では、世界中の海には1億5,000万トンものプラスチックゴミが存在しており、さらに少なくとも年間800万トンが新たに流出していると推定されています。
世界中がこの問題を深刻に捉えており、プラスチックに対する規制を求める議論も進んでいる一方、多くの企業でも脱プラに向けた取り組みは進んでおり、リサイクルペットボトルを使用する飲料メーカーや、ストローを紙製にする飲食店などは馴染み深いでしょう。
そして私たち一人ひとりも、身近なプラスチック製品を代替品に変えることで脱プラに貢献できます。たとえば毎日使っているそのクリアファイルも。

CTR IMG