【連載】豆本を作ろう! 
第五回「豆本を製本しよう」

5回にわたってお届けしてきた「豆本を作ろう!」もついに最終回です。今回は製本を行います。

中綴じの場合

必要なもの
・カッター ・ステープラー ・定規 ・本文 ・表紙 

中綴じは、本文と一緒に表紙もステープラーで留めます。
そのため、本文と同じサイズの紙に表紙を印刷し、カッターで断裁しました。

製本方法

①本文と表紙を半分におり、写真のように重ねます。


②紙をきれいに揃えてクリップで仮止めし、真ん中にステープラーを打ちます。
 消しゴムを下に敷くと、ステープラーが入らないところにも針が打てます。


③はみ出している箇所を切ります。

このように、簡単に本になりました。

無線綴じの場合

必要なもの
・カッター ・のり ・クリップ ・定規 ・重石 ・見返し用紙 ・厚紙 ・本文 ・表紙 ・輪ゴム

無線綴じは、本文を表紙で包んでのりで留めます。そのため、本文に背表紙分を加えた大きさの表紙を作る必要があります。また、今回は別仕立ての厚めの表紙でくるむ「上製本」という方法で仕上げていこうと思います。

ちなみに、表紙の制作データはこちらです。本文より一回り大きくつくります。

寸法はこのようにしました。

中綴じと同じように、印刷しカッターで断裁します。

製本方法

①厚紙を表紙の裏に貼ります。

②折り返して、厚紙と表紙をのりでくっつけます。

③本文とかさねて、見返し用紙を束ねてクリップで止めます。のりをつけ、くっつくまでしばらく放置します。

⑤背表紙にたっぷりのりをつけ、本文と表紙を合わせます。

⑥輪ゴムでとめたり、重石をのせてくっつけます。。

⑦乾いたら輪ゴムを取り外し、見返しと表紙を接着させます。

乾けば完成です!

このように、少し手間を加えると本格的な豆本が作成できます。皆さんもお時間があったら是非チャレンジしてみてください!

この投稿は役に立ちましたか?
送信
2人の方がこの投稿は役に立ったと言っています。
NO IMAGE

紙ファイルでSDGs 「脱プラスチックで海を守るファイル。」

レジ袋が有料になったり、ストローが紙製になったりと、SDGsの取り組みとしてかなり身近になってきた”脱プラスチック”。でも企業で取り組もうと思うと、変えられるものってそんなにないなあ…と思っていませんか。
会社でも”脱プラスチック”したい!という声にお応えして、オリジナル商品「紙製クリアファイル」を開発しました。仕事中に使うプラスチック製品としては、最も使用頻度が高いもののひとつ「クリアファイル」を”脱プラスチック”してみませんか。

CTR IMG