「JO」第32号発行しました。

  • 2020年7月31日
  • 2020年11月17日
  • JO
JO

あっという間にもう8月。梅雨が明けて洗濯物を思いっきり干している村上です。今年の梅雨は長かったですね、7月に雨が観測されなかった日は1日しかなかったそうです。

さて、もうお手元に届いているかと思いますが弊社活動報告誌「JO(ジェイ・オー)」第32号発行のお知らせです。

巻頭対談には、学校法人横浜アイリス学園理事長で、この5月まで横浜市幼稚園協会会長を務められた木元茂さん。待機児童ゼロ政策、保育無償化など、保育行政激変の時代に業界のリーダーとして活躍された木元さんに、保育行政の現状や幼児教育への思いなどを伺いました。

3面には7月1日からのレジ袋有料化を受けて発売開始した脱プラ商品「紙製クリアファイル」をご紹介。WMがお送りする3RCLUBは、いまや必需品のマスク作りに挑戦!JO31号で紹介した新ブランド「cocollabo(ココラボ)」のロゴ刺繍入りです。
裏面のクリエイター応援ギャラリーにはインパクト大!絵本作家の保科琢音(ほしなたくお)さん。コロナウイルスでくら~い世の中をパッと明るくしてくれるような作品です。
今号も盛りだくさん、「へー」「そうなんだ」「なるほどね~」間違いなしです😆

※ JOはバックナンバーも含めHPでご覧いただけます。第5号には「JO」のタイトルの由来も掲載しておりますのでご興味ある方はどうぞアクセスを!「紙で読みたい!」という方はお気軽にお問い合わせください。

NO IMAGE

脱プラスチックで海をきれいに!紙製クリアファイルであなたもSDGsをはじめよう!

プラスチックごみによる海洋汚染は世界中で深刻な問題と化しています。
2015年の調査では、世界中の海には1億5,000万トンものプラスチックゴミが存在しており、さらに少なくとも年間800万トンが新たに流出していると推定されています。
世界中がこの問題を深刻に捉えており、プラスチックに対する規制を求める議論も進んでいる一方、多くの企業でも脱プラに向けた取り組みは進んでおり、リサイクルペットボトルを使用する飲料メーカーや、ストローを紙製にする飲食店などは馴染み深いでしょう。
そして私たち一人ひとりも、身近なプラスチック製品を代替品に変えることで脱プラに貢献できます。たとえば毎日使っているそのクリアファイルも。

CTR IMG